結婚前の借金を債務整理するには?

結婚をした後で、借金がありトラブルになるケースも多くあります。また自己破産などをした場合には、
家や車なども差押えとなりますので、家族の方にも迷惑がかかることがあります。

結婚をした後でも債務整理をすることは可能ではありますが、
やはりトラブルの原因となるようなものは結婚前に解決をしとく方が良いでしょう。

借金をしている方は結婚前に借金を返済しておく必要がありますが、
この債務整理をするには、どのような方法で行っていけば良いのでしょうか。

ちなみに、こちらは債務整理のメリットデメリットの解説がすごいです。

まず第一に債務整理とは、借金を整理するという事になりますので、
完全に返済をしなくても良いというわけではありません。

債務整理には種類があり、その中の任意整理とは、債権者を話し合うことで、
借金の返済額を減額するという方法になります。この方法であれば公的機関を通す必要がなく、自身の交渉力が重要となる方法となります。

次に特定調停とは、個人で裁判所を通して任意整理をする方法となります。
この方法であれば個人で手続きをするため、費用が安く済みますが、時間のかかる方法となります。

自己破産も債務整理のひとつではありますが、これは車や家などの財産を手放さなくてはならず、
裁判所の許可も得なくてはなりません。また弁護士や司法書士、税理士などの資格を失い、会社役員の資格も失ってしまいます。

しかし、この方法であれば借金が帳消しになりますし、生活をする上で必要な最低限の物は保護されます。
結婚前にどの方法を行うに際しても、弁護士に相談の上で行いましょう。

結婚前の借金は財産分与の対象にも?


財産分与は主にお金とか土地とか財産のことをいうと思っている方が多いようですが、借金も財産分与の対象です。
そのため、亡くなった方の財産を相続する際にはいい面も悪い面も双方引き受けるかくごが必要になります。

ただし、財産分与は放棄することができます。借金についても放棄することが可能ですが、一部だけの放棄はできないので注意が必要です。
財産分与はさまざまな問題を引き起こすことがありますが、珍しいところでは結婚前の財産分与が問題となることがあります。

財産分与は基本的には親族、あるいは遺言で指定された人が対象です。

そのため、結婚前であれば財産分与の対象とならないこともありますが、事実婚であると認められれば分与の対称となることも多くあります。
結婚前に相手がなくなったなどで財産および借金が分与される場合については、結婚の事実がどれほどあるか、多の親族の状況によると考えてよいです。

一般的には結婚が決まっていれば多の親族からの条件もありますが、戸籍に入っていなくとも分与の対称となることが多く、
借金についても対象となります。しかし、分与については放棄が可能ですので、借金が多い場合は放棄する方も多いようです。

ただし、他に受け入れる方がいない場合は残った財産が処分されますので注意が必要です。
結婚前の場合は相続について詳しく確認していないことが多いと思いますが、最低でも借金の額面については確認しておくとよいです。


また、他にもあるのが結婚式費用で借金を重ねていくケースです。
結婚式費用は会場によっては、前払い現金のみとされています。
そのためあなたに貸す担当者にも、審査に通るか不安な人はには避けるようになっていくだろう。

そのため結婚式のために親のお金を借りるという人は多いですし
彼氏の母親が結婚に反対する時の理由はお金の問題だからという部分も多いのです。

お金を借りる時にはあなたの親から借りる事が多いと思いますが
少し実家から離れた場所に住んでいたり、
年金生活を送っているお互いの両親に頼ることも出来ないという事があると思います。
特に大学卒業してからは、転居や転職も伴うことになると、親からお金借りるケースが増えるわけです。

結婚式をしたことのある人なら、お金が必要なときはやってくるので、
必ず借用書を作成するようにする必要はあります。
ちなみに、奨学金は子供が返済するので、身内の結婚式で借金となると本当に厳しいものがあるでhそう。
特に、消費者金融を利用している人を見てみると、状況は改善されることないでしょうし。

一般的な収入があって、保証人がいなくても、結婚後を二人の収入が合わさって、問題にはならないと考える人も多い。
しかし、家計簿などつけたこともないような、ずさんな感覚では結婚前の借金をどうにかする事などなかなか難しいのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>